【2021年最新】馬肉ベースのキャットフードの選び方とおすすめランキング

馬肉ベースのキャットフードおすすめ人気ランキング

馬肉を食べるという習慣は地方によってはあるかもしれませんが、そういった機会が無い人にとって馬肉の栄養効果というのは想像がつかないでしょう。

今回は、その馬肉を猫ちゃんに与えるために、馬肉が配合されているキャットフードの選び方とおすすめランキングを紹介していきます。

キャットフード教授

馬刺しは有名ニャ!!でも馬肉が入ったキャットフードは本当にあるのかニャ?

馬肉が配合されたキャットフードの選び方!3つのポイント!

馬肉を配合したキャットフードは数は少ないものの存在します。

では、その数少ない中からどのような選び方をすればいいのか気になるでしょう。

基本的に以下の3つのポイントを押さえていれば、良質なキャットフードを選ぶ基準となるので覚えておいてください。

3つのポイント
  • 動物性タンパク質が豊富に含まれているか
  • 身体に悪影響の与える成分が含まれていないか
  • グレインフリーであるか

馬肉が配合されたキャットフード自体が少ないので、この3つのポイントを抑えられているキャットフードは限られてしまいますが、このポイントはキャットフード全般に言えることですので詳しくみていきましょう。

1. 動物性タンパク質が豊富に含まれているか

猫ちゃんは体質的に肉類を食べることによって栄養を補給することができるので、キャットフードに含まれる動物性タンパク質が豊富であるほうが健康を維持できます。

ただし、単純に動物性タンパク質が豊富に含まれていればいいというわけではなく、高品質なタンパク質を含んでいることが条件です。

注意
避けておくべき原材料表記に「◯◯ミール」というものがあります。

これは4Dミートと呼ばれ、「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseasd=病気である」といった肉を含んでいる可能性が高いです。

4Dミートを与え続けている猫ちゃんは、発がんや変移疾患を起こすリスクを高めてしまうものになるのでできる限り猫ちゃんに与えるのは避けるようにしましょう。

2. 身体に悪影響の与える成分が含まれていないか

馬肉が持つ豊富な栄養素をしっかりと猫ちゃんに吸収してもらうためには、身体に悪影響の与える成分が含まれていてはいけません。

特に人工添加物はヒトの食べ物に含むことができないものまでキャットフード内に含有していることもあるので注意が必要です。

キャットフードを長く保管しておけるための保存料、色つやを良くするために添加する着色料、こういった添加物は猫ちゃんにとって意味がないだけでなく健康を損ねてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

キャットフード教授

理想のイメージは「ヒトが食べられるほど安全なキャットフード」だニャ!!

3. グレインフリーであるか

猫は動物性タンパク質から栄養を補給すると説明しましたが、それは猫がほぼ肉食動物であるからです。

そのため、小麦や大豆、とうもろこしといった穀物(グレイン)は猫ちゃんにとって必要がありません。

そのため、穀物類が含まれていないグレインフリーのキャットフードを選ぶという点もポイントになります。

グレインフリーのキャットフードは最近増えてきていますが、そもそもなぜ穀物がキャットフードに入っているのでしょうか。

それは穀物が肉類に比べると安価で入手でき、腹持ちが良い炭水化物で構成されているのでかさ増しのために含有させることが多いからです。

そのため、猫ちゃんにとって消化が苦手でアレルギーの原因にもなりうる穀物類が、安いキャットフード内に含まれていることが多いのです。

キャットフード教授

猫ちゃんのことを考えていないキャットフードが多いのは腹立たしいことニャ!!

馬肉メインのキャットフードの比較一覧!

馬肉をメインにしたキャットフードは数が少ないという話をしましたが、実際に探してみると3種類のキャットフードを見つけることができました。

当サイト:キャットフード教授で安全性を確認しているドライタイプのキャットフードは88種類の中には馬肉が含まれるキャットフードはありませんでした。

ただ、ウェットタイプのキャットフードには馬肉メインのキャットフードがあるため、先ほどの3つのポイントを踏まえた比較をしていきましょう。

含有タンパク率 人工添加物不使用 グレインフリー
EQUILIBRIA 6.5% 丸 丸
ビオクリエイティブミックス 12.2% 丸 丸
BARF JAPAN BONE 13% 丸 丸

この3つのキャットフードは全てウェットタイプのキャットフードとなっているため、水分量が多くタンパク質含有量はそこまで多くありません。

そのため、上記のキャットフードをメインに与えるというよりは、普段のキャットフードの代わりに猫ちゃんに与える、あるいはおやつ感覚で与えるといったときに用いると効果的でしょう。

キャットフード教授

ウェットタイプのキャットフードは使い方を間違ってはいけないニャ!!

安全性と栄養を考えるならHerrmannの「ビオクリエイティブミックス ピュア馬肉」がおすすめ!

3つのキャットフードでどれが安全性が高く、馬肉の栄養を補給することができるか調査しましたが、おすすめはHerrmannのビオクリエイティブミックス ピュア馬肉が良いでしょう。
では、簡単に解説をしていきますので参考にしてみてください。

ビオクリエイティブミックス ピュア馬肉

ビオクリエイティブミックス ピュア馬肉
ポイント
  1. 有機馬肉100%使用
  2. 人工添加物不使用
  3. グレインフリー
  4. ヒューマングレードの素材を厳選
  5. 猫ちゃんに合わせてアレンジ可能
CHECK
ヒューマングレードの更に上を行くビオ(有機)という考え方を基に作られたウェットキャットフードがビオクリエイティブミックス ピュア馬肉の特徴です。

猫ちゃんの身体に悪影響になる人工添加物は不使用で、さらにグレインフリーと安全性に配慮されています。また、猫ちゃんに合わせて野菜やオイルなどをミックスしてアレンジを加えやすい点もおすすめです。

ビオクリエイティブミックスの評価
タンパク質含有量
(3.0)
人工添加物不使用
(5.0)
グレインフリー
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

キャットフード教授

馬肉が含まれたキャットフードはウェットフードが多い中、安全性の高さはこのビオクリエイティブミックスがダントツだったニャ!!

馬肉メインのキャットフードのFAQ!

そもそもキャットフードに馬肉が含まれているということも知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで馬肉に関するFAQを少しだけ紹介して更に知識を深めていってもらえればと思います。

キャットフード教授

今回は以下の質問に答えていくニャ!!
馬肉に関するFAQ
  1. 馬肉ベースのキャットフードのメリット・デメリットは?
  2. 馬肉ベースとチキンベースのキャットフードどちらが良いの?

では、以上の疑問に対する回答をしていきましょう。

1. 馬肉ベースのキャットフードのメリット・デメリットは?

馬肉をベースにするキャットフードのメリット・デメリットというのは、馬肉がもたらす効果に起因するところがとても大きいです。

普段馬肉を食べる機会が無いという人は、より馬肉ベースのキャットフードのメリットが何なのかわからずに手がつけにくいでしょう。

では、具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていこうと思います。

馬肉ベースのキャットフードのメリット

馬肉ベースのキャットフードのメリットに関して、簡単にまとめると以下の点を挙げることができます。

馬肉ベースのメリット
  1. 低カロリー
  2. 鉄分を豊富に含有

馬肉はチキンなどの代表的なキャットフード原料と違い低カロリーとなっているため、肥満気味の猫ちゃんやシニアの猫ちゃん、室内外の猫ちゃんにとっておすすめです。

また、猫ちゃんにとって必須ミネラルである鉄分を多く含有していますので、馬肉ベースのキャットフードを上手く与えることで猫ちゃんの健康をサポートすることができるでしょう。

MEMO
馬刺しといって生で馬肉を食べる分化が日本であるように食用の馬は衛生面安全面で非常に厳しい審査を受けています。

特にヨーロッパでは厳しい審査基準があり、それを通過できなければ食用の馬肉として使用を許されません

そのため、安全性では非常に信頼のおける肉類であることがわかります。

馬肉ベースのキャットフードのデメリット

一方、馬肉ベースを使うことによって起こりうるデメリットはどういったものがあるのでしょうか。

以下をみてみましょう。

馬肉ベースのデメリット
  1. 販売されている種類がとても少ない
  2. ドライフードでの販売は無い

馬肉ベースのキャットフードを知っているという方も珍しいようで、それもそのはず馬肉ベースのキャットフードは販売されている種類がとても少ないからです。

また、現在販売されている全ての馬肉ベースキャットフードがウェットフードとなっているため、ドライフードで馬肉ベースを探している方はどれだけ探しても見つからないでしょう。

キャットフード教授

馬肉を安定して入手できるなら、自分でアレンジミックスして与えるのも方法の1つニャ!!

2. 馬肉ベースとチキンベースのキャットフードどちらが良いの?

馬肉ベースのキャットフードの存在を知ると、チキンベースのキャットフードとどちらが良いのかと考えることになるでしょう。

しかし、先ほども説明したように馬肉ベースのキャットフードはウェットフードしかありませんので、普段与えるキャットフードはチキンベースのものを与えてください。

猫ちゃんの体調が優れないとき、消化機能が低下している、おやつに与えるといった際にはウェットフードは適切なので、その際に馬肉ベースのキャットフードで栄養を補給するという考え方でいましょう。

キャットフード教授

馬肉ベースのキャットフードがドライフードタイプで販売されたら、馬肉の栄養が猫ちゃんにとって必要かどうかを考えると良いニャ!!!