彼氏に必要とされていないと感じるあなたへ|別れるべき10個の理由と別れ方

本ページはプロモーションが含まれています

  • 「最近、彼氏と距離を感じる」
  • 「もしかして、もう必要とされてないのかな?」

なんてお悩みではありませんか?

彼氏との距離を感じはじめると、小さな不安から妄想がふくらみ、だんだん大きな不安を感じてしまいますよね。

この記事では、彼氏に必要とされていないと感じる理由や別れるべきかどうかについて解説しています。

ぜひチェックしてみてください。

 

彼に冷められてしまって不安に思っている方へ。

現在、『一度彼に冷められ再び愛されるようになった女性の体験談』を期間限定で公開しています。

 

大好きな彼に愛してもらえる秘訣がたっぷり詰め込まれているので、彼を本気にさせたい方はぜひチェックしてください!

 

【体験談】冷たくなった彼の心を再び掴み、さらに愛されるようになった話

 

記事の目次(見たいところからチェック!)

「いつも私ばっかり…」彼氏に必要とされていないと感じてしまう理由とは?

「いつも私ばかりが連絡している」

「私のことを愛しているなら、もっと会いたいはず」彼氏から必要とされているかわからないと不安が募りますよね。

自分ばかりが頑張っていると感じてしまうと、ネガティブに物事を考えてしまいたくなります。

しかし、彼氏は本当にあなたのことを必要ないと思っているのでしょうか。

彼氏の気持ちが離れたように感じるのは、あなたの思い過ごしである可能性もあります。

もしかしたら男女の愛情表現による違いが隠されているのかもしれません。

その1:あなたの自信のなさが原因かも⁉

あなたは自分に自信がありますか?

例えば自分の容姿や収入、人間関係など。

人それぞれ抱えているコンプレックスは違います。

しかし、自分に自信がないと、物事に対してネガティブ思考になり「私は必要とされていないのでは」と悩みだしてしまうのです。

自分に自信が持てるようになれば、そういった悩みを解消することができるかもしれません。

また、男性から大切にしたいと思われる女性は、まず自分を大切にしています。

自分の気持ちにとっても正直でいます。あなたも今日から、嫌なことは嫌だとはっきりと伝え、雑な扱いをされたらちゃんと怒ることからはじめてみましょう。

気持ちを素直に伝えることで、彼氏も自分の行動を見つめなおすことができるはずです。

その2:彼氏からの愛情表現が物足りない

自分の望む愛情表現を彼氏がしてくれないと、愛が冷めたと感じてしまうことがあります。

自分と相手の熱量が一致しないと「愛されていない」と思ってしまうのです。

男性はどちらかというと、言葉や感情での表現が苦手。

言葉にしなくても伝わっているだろうと思っていますし、LINEも男性にとってはただの連絡ツールです。

それよりも、日常のさりげない気配りで愛情を表現したり、記念日などでサプライズをしたりすることが得意です。

反対に、女性は言葉や感情で愛情表現をします。

だから相手からも同じように言葉で愛情を感じ取りたいと考えていて、それが安心感や信頼につながると思っています。

女性は良いことも悪いことも含めて、コミュニケーションが多ければ多いほど、愛されていると感じるのです。

【※彼をさらに本気にさせたいあなたへ】
彼の態度が冷たい理由は何?冷めた彼を本気にさせるための方法3つ

その3:彼氏が自分のことばかり優先している

男性は、器用にたくさんのことを同時進行することができません。

また、多くの男性が恋愛よりも趣味や仕事を優先する傾向があります。

男性は女性よりも出世欲が強いため仕事に熱中するのは仕方ないことかもしれません。

友人との付き合いや、趣味を優先してしまうのも男性の特徴のひとつです。

本能的に自由でいたい気持ちもあり、彼女には理解を求めています。

「私への気持ちが冷めたのかな」と感じてしまうかもしれませんが、これはあなたを信頼し、甘えられる存在だからこそ。

不安や不満を持つよりも、あなたも趣味などを見つけて、自分の時間を充実させて楽しみましょう。

そのほうが彼氏の目に魅力的に映ります。

その4:連絡しても返ってこない

仕事中はもちろん、飲み会や友人といるときなどはスマホを見ることが少ないのかもしれません。

彼女からの連絡を気にしている姿を、友人に見られたくないという男性もいるでしょう。

基本的に男性は、自分のタイミングで余裕のあるときに連絡したいと思っています。

また、女性に多い日記のような長文LINEを既読スルーすることは、返信の必要性を感じていない、もしくは返信の仕方がわからないという理由がほとんど。

世の中の約7割の男性が、彼女との連絡頻度と愛情は比例しないと考えています。連絡頻度が少なくても、決して愛情が減ったということではないのです。

LINEや電話は、あくまでも実用的な連絡ツール。

連絡が返ってこないからと不安になる必要はありません。

その5:前と比較して冷たくなった

付き合った途端、態度が激変した彼氏。このタイプの男性は、大きく2種類のパターンに分けられます。

  • ただ追いかけるのが楽しかった
  • 「もう付き合ってるんだし」という安心感からすぐに落ち着いてしまう

ただ追いかけるのが楽しかったというパターンの場合は、あなたのことを本当に好きで付き合いたいというわけではなく、あなたに振り向いてもらうことがゴールになっていたということ。

この場合は、目的を達成しカップルになると、急に冷めたりすることがあります。

次に、「もう付き合ってるんだし」という安心感からすぐに落ち着いてしまうパターンの場合は、もともと連絡がマメなタイプではない男性の可能性があります。

付き合うまでは努力していたけれど、いざカップルになるとマイペースに戻ってしまったということです。

男性は「察してくれるだろう」「わかってもらえるだろう」「許してもらえるだろう」というように、彼女は理解してくれると思っています。

少し気持ちに鈍感なタイプなため、あなたのほうからきちんと気持ちを伝えて話し合っていくことで、気づいてもらいましょう。

こんな彼氏は必要ない!すぐに別れるべき特徴10選

「彼氏から愛されているのかがわからなくなってしまった」

「このままお付き合いしていても、幸せな未来が思い浮かばない」

悩みがなかなか解決しない場合、今の彼氏とは別れたほうがいいのかもしれません。

あなたの彼氏はこのような人ではありませんか?

  1. 暴力を振るう
  2. お金に対してルーズ、トラブルがある
  3. 浮気をしている
  4. 一緒にいると疲れてしまう
  5. 大切にしてくれていない
  6. 求めている条件にそぐわない
  7. 足を引っ張られる
  8. 自慢の彼氏として家族に紹介できない
  9. 将来が見えない
  10. 生きる上で大切な価値観が違う

すぐに別れるべき彼氏の特徴を詳しく解説しているので、チェックしていきましょう。

その1:暴力を振るう

気にいらないことがあると暴力で訴えてくるDV彼氏とは、すぐに別れましょう。

言葉による精神的暴力、モラハラ彼氏も同じです。

暴力が繰り返されるうちに、彼氏から逃げたくても恐怖で逃げられなくなってしまったり、自分が悪いから仕方がないと受け入れてしまうことがあるでしょう。

しかし、どんなことがあっても暴力は許されることではありません。

暴力をふるったあとに急に優しくなったり、何度も謝ったりしてきても、結局はその場しのぎなのです。

人に暴力をふるうことは犯罪です。

暴力をふるうような彼氏と一緒にいることはとても危険です。

友人や家族など周りの人に相談し、すぐに彼氏から離れられるよう、勇気を出して行動に移してください。

その2:お金に対してルーズ、トラブルがある

結婚後、通帳を別々にしていても、男性の通帳からの引き落としが出来なかったり、支払い忘れなどがあったり…。

気が付くと女性のお給料で生活費をまかなっているというケースがあります。

また、男性のお給料や通帳をすべて預かっているのに、友人にお金を借りたり、クレジットカードを新たに作っていたり、キャッシングをしていたりなど、気が付かないところでお金を使われ支払いが追いつかないというケースもあります。

最初はまったくそんな素振りは見せませんが、結婚して半年後くらいからこういった行為が始まります。

このタイプの男性は、女性にお金がなくなると驚くほど簡単に女性の元から去りますが、しばらくして女性にお金ができたことを知ると、また戻ってきます。

面倒見が良い女性は、だらしがない男性をつい甘やかしてしまいがち。

取り返しがつかないことになる前に、しっかりと縁を切ることが大切です。

その3:浮気をしている

浮気症の男性は、残念ながら自分の理性を働かせることができません。

根本的に「バレなければいい」というスタンスで浮気を繰り返すのです。

どうしても一緒にいたいなら、浮気は仕方ないと割り切って付き合わなければなりません。

しかし、もう傷つきたくないと思っているなら、迷わず別れるべきです。

一度浮気をされると「また浮気されるかもしれない」という心配を取り除くことは簡単ではありません。

大好きな彼氏を疑いながら一緒にいるのは、とてもつらいこと。

このまま一緒にいても、モヤモヤしながら時間ばかりが過ぎてしまうことになってしまいます。

世の中には、浮気せずに大切にしてくれる男性もたくさんいます。

前を向いて、新しい恋を探してみましょう。

意外にすぐ出会えるかもしれません。

【※彼に愛され追われたい方へ】
冷めた彼の気持ちを取り戻した体験談!大好きな彼に愛され夢中にさせる方法とは?

その4:一緒にいると疲れてしまう

彼氏と一緒にいると疲れてしまうなと感じていませんか?

例えばこんな彼氏だと嫌な気持ちになり疲れてしまいますよね。

  1. 束縛や嫉妬が激しい
  2. 短気
  3. ネガティブ思考

束縛や嫉妬が激しい

度を越えた束縛は、なにも悪いことをしていなくても、日々彼氏を怒らせてしまわないかと考え精神的に大きく負担を感じますよね。

会社の飲み会などは、男性がいるという理由から、一度も参加したことないという女性もいるようです。

付き合いもあるので、絶対に参加できないとなると困りますよね。

「GPSアプリを入れられた」「行先は移動する度にLINEで報告が必須」「連絡が遅いと怒られる」などのように、常に監視体制では疲れてしまいます。

短気な彼氏

ささいなことや、そのときの気分などで彼氏が不機嫌になってしまうため、あなたはいつも気を遣わなければならず、対等な関係をつくることができません。

楽しい時間を過ごすために、頑張るのはあなたばかりになっていませんか?

ちょっと話がこじれると「もういい」「じゃあ別れよう」と関係を終わらせようとすることもあります。

あなたは彼氏のご機嫌をいつも伺い、気を張ることで疲れが溜まり不満を爆発させてしまいかねません。

ネガティブな彼氏

マイナス思考で悩みやすく、仕事などに対して愚痴が多かったり、人に対しての文句が多い人っていますよね。

「わたしのことも誰かに文句を言っているのかもしれない」と勘ぐってしまうでしょう。

また、何事にもネガティブ思考な人と一緒にいても否定されているようで楽しくないですよね。

そもそも、一体どこを好きになったのかわからなくなってしまいます。

その5:大切にしてくれていない

思いやりは相手への尊敬から生まれます。

最近、あなたが話しかけてもなんだかうわのそらで、めんどくさがってはぐらかされたり、適当な相槌しか返ってこないなんてことはありませんか?

エッチが出来ないとわかったとたん、急に無口になったり、機嫌が悪くなってしまう。

あなたと先に約束をしていたのに、ほかに予定が入るとそっちを優先させたり、気分がのらないからとドタキャンを繰り返す…。

何もかもが彼氏の都合、気持ちが優先になってしまっていると愛されているのかわからなくなり、信頼関係を築けず、疑念ばかりがモヤモヤと浮かぶようになってしまいますよね。

大切にされているという実感を持てないまま一緒にいることは、精神衛生上もよくありません。

男女の違いがあったとしても、お互いに尊敬の気持ちが持てなくなるまで関係性が悪化してしまうと、彼と関係をこれからも続けていくのは難しいでしょう。

その6:求めている条件にそぐわない

あなたが求めている条件に合わない彼氏と、妥協してお付き合いを続けていませんか?

その場合、もしかしたら別れを選んだほうが、あなたの幸せな未来につながるかもしれません。

例えばあなたが「将来は結婚していたい。子供もできれば欲しい」と思っているとします。

しかし、彼氏が結婚願望もなく、子供が欲しいとも思っていなければ、今どれだけ愛し合っていても、この先幸せになれる可能性は低いでしょう。

今は見て見ぬふりが出来ていても、あなたの不満は知らず知らずのうちに大きくなっていき、徐々に尊敬する気持ちや、思いやりも持てなくなります。

するとやがて別れを意識するようになるのです。

あなたが譲れない条件として未来に求めるものがあり、そこに彼氏と大きくズレがあるのなら、後悔することになるかもしれません。

このまま今の彼氏とお付き合いを続けて幸せになれるか冷静に考えてみましょう。

その7:足を引っ張られる

今お付き合いしている彼氏は、あなたが挑戦することを応援してくれていますか?

彼氏のせいで、何か大切なものを失ってしまっていませんか?

あなたの足を引っ張る彼氏は、いずれあなたに訪れるかもしれない重要な場面で邪魔をしてきます。

早めに別れておかないと、あなたの成長を妨げ、後悔することになるかもしれません。

共に成長しあえるような、ポジティブな感情をお互いにもてないのであれば、その関係は終わらせたほうがいいでしょう。

その8:自慢の彼氏として家族に紹介できない

彼女や奥さんがいたり、他人への態度が悪かったり、家族に紹介することを躊躇してしまうような彼氏なら、別れを視野にいれたほうが良いでしょう。

そもそも彼女や奥さんがいるのに、あなたと関係を持つような男性を心から信用できますか?

店員さんなどへ横柄な態度をとったり、上から目線で話す彼氏が、この先ずっとあなたに優しくしてくれると思いますか?

いつかはそういった気になる態度があなたに向けられる可能性があります。

親や友達の意見は、時には耳が痛いもの。

しかし、あなたが大切だからこそ、言いにくいことも伝えてくれるのです。

ありがたく受け止め、自分の幸せをしっかりと考えてみてくださいね。

その9:将来が見えない

彼氏から大切にされていると、まったく感じることができない。

長年付き合っていた彼氏とこのまま自然に結婚すると思っていたら、「結婚願望ないんだけど」とカミングアウトされてしまった。

すでに幸せが見えていない関係や、将来が見えない関係に固執していると、時間をムダにしてしまいます。

結婚願望がない人に結婚願望を持たせることは、簡単なことではありません。

「なにかがきっかけで、気が変わるかもしれない」と、わずかな可能性に賭けるのであれば、期限を付けてみるのもいいでしょう。

「何年何月何日までに結婚を決めないなら別れます」と明言し、あとは彼氏にゆだねてみましょう。

それでも決断してくれないならば、別れたほうがお互いのためです。

その10:生きる上で大切な価値観が違う

絶対に譲れない価値観が違う場合は、このままお付き合いを続けていても、いずれ別れの原因になる可能性があります。

「結婚相手と価値観が合うかどうかが大切」という言葉をよく聞きませんか?

一生涯を共に過ごす相手ですから、ぶつかることなく、できれば平和に過ごしていきたいですよね。

「価値観」といっても食の好みや金銭感覚、将来設計や異性との距離感などさまざまあります。

「好き」「嫌い」「譲れない部分」が大きくズレていると、長く一緒に過ごしていくうえでストレスになってしまう可能性があります。

ここまでは許せる、ここからは許せないなど、彼氏とお互いの価値観をよく話し合ってみると、将来が見えてくるかもしれません。

あなたを傷つける彼氏は必要ない!上手な別れ方

いよいよ彼氏と別れることを決意したら、あなた から別れを伝えなければいけません。

できるだけ円満にお別れするためにどんなふうに伝えようか悩みますよね。

彼氏がなんとなく勘づいているならば言い出しやすいですが、まったく気づいていない場合もあります。

大好きだった彼氏だからこそ、できるだけ傷つけずに話したい。

お互いのダメージを少なくするためにはどのように話を進めればいいのでしょうか?

上手に別れる方法を確認していきましょう。

その1:どうして別れたいか説明できるようにする

男性は理論的な人が多いので、はっきりした理由がないと、別れることに納得してくれないことがあります。

例えば、彼氏への気持ちがなくなってしまったという理由なら、「〜だから好きじゃなくなった」と筋道を立ててきちんと説明しましょう。

別れたい理由をきちんと説明できなければ、相手に納得してもらえず、別れ話がこじれてしまう場合があります。

また、伝え方が曖昧だと彼氏はまだなんとかなるのではと勘違いしてしまいます。

束縛が強い彼氏なら、別れないで済むように強引に話を進めようとするかもしれません。

あなたが「別れたい」とはっきりと言葉で示すことで、自分への気持ちがないのならどうにもならないと理解するでしょう。

その2:はっきりと「別れたい」と言う

曖昧な伝え方だと、彼に思いが伝わりません。

「別れたい」とストレートに伝えましょう。

彼氏を傷つけたくないからとの気遣いから曖昧な言い回しをしてしまうと、うまく伝わらず話がスムーズに進まなかったり、こじれてしまう可能性があります。

なかなか言いにくいことですが、はっきりと伝えることがお互いのためでもあるのです。

「あなたにはもっと他にいい人がいる」とか「私ではあなたを幸せにできない」というのは、結局は悪者になりたくないという気持ちからくるずるい言い訳です。

別れを告げることは、あなたにとっても辛いことだと思います。

しかし、きっとあなたよりも彼氏のほうが辛いはず。

彼氏への最後の誠意として、自分が悪者になることを覚悟で「ごめん、別れよう」ときっぱりと伝えましょう。

その3:復縁や友達関係にも戻れないと伝える

せっかく別れを決意したのに、言いづらいからと、復縁が期待できるような中途半端な言い方をしてはいけません。

彼氏はなかなか気持ちを切り替えられずにあなたのことをずっと待ってしまうかもしれないからです。

チャンスがまだ残っているような言葉や態度は、叶わない希望を抱かせてしまいます。また、執着されてストーカー化することだってあるのです。

彼氏が悲しむ顔を見るのは辛いものですが、不要な優しさは、彼氏を深く傷つけることになりかねません。

あなたに未練を残しているうちは、彼氏は前に進むことができません。

別れる時は未練が残らないようにはっきりと伝えましょう。

その4:「ありがとう」の気持ちも忘れないで!

彼氏の好きだったところや、今まで一緒に過ごしてくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

一度は好きで付き合った相手ですから、別れの時も、彼への感謝と思いやりを忘れずに接することが大切です。

浮気など、別れにつながった原因が彼氏のほうにあった場合でも、ここであえて「幸せだったよ!今まで一緒にいてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えることで、少しは救われたような気持ちになるかもしれません。

彼氏に後ろめたい気持ちがある場合感謝の言葉を伝えられると、「惜しいことをした」「いい女だったな」と後悔でいっぱいになり、あなたに感謝してくれるでしょう。

別れは辛いものですが、喧嘩別れはモヤモヤした気持ちが残ってしまいます。

せめて最後くらいは感謝の言葉を告げたほうが、お互い円満な気持ちで終わることができるのです。

やってはいけない彼氏との別れ方3選

どんなに素敵な大恋愛だったとしても、別れ方ひとつで嫌な思い出となってしまう可能性だってあります。

大人ならこれまで一緒に過ごしてきた感謝の気持ちを上手に伝えることで、なるべく綺麗にお別れしたいもの。

彼氏に対する気持ちが薄れたからといって、必要以上に傷つけるようなことを言ってしまわないよう配慮し、別れのタイミングなどを見計らうことも大切。

お互いに後味の悪い思い出にならないよう、やってはいけない別れ方について確認していきましょう。

その1:自然消滅させようとする

別れの理由はおろか、別れの言葉さえ言わないままでは、別れたのかどうかも判断できません。

彼氏からすると何も情報を得られない状態です。

自分がなにか悪いことをしたのではないか、あなたの身になにか起きたのではないかなどと、答えの出ない質問をずっと自分に投げかけ続けてしまいます。

自然消滅は、精神的な暴力といっても過言ではないくらいに相手を苦しめます。

あなたと音信不通のあいだ、いつまでも連絡がないかと気にして、わずかな可能性を信じて待ち続けてしまう可能性だってあるのです。

恋人候補がもし現れても、はっきりと別れていないのであなたを裏切ってしまうように感じて、前に進むことができないかもしれません。

お互いの人生のために、最後まで誠実に向き合い、けじめをつけることはとても大切です。

その2:電話で別れようとする

あなたの気持ちは実際に顔を見て伝えたほうが、彼氏の心にもきっと届きやすいはずです。

電話で顔を合わせずに済ませることは簡単ですが、言葉が必要以上に強く伝わって、思っていることとは違う意図で解釈されてしまいます。

話が長引いたり、余計に傷つけることにもなりかねません。

よほど距離が離れている場合は仕方ないですが、近くにいる場合にはできるだけ実際に会って別れを伝えましょう。

最後に彼の顔を見て、自分の気持ちを伝えるのは最低限の礼儀です。

今後顔を合わせることがあっても、お互いにわだかまりが残らず、気まずくならずに済みます。

最後まで誠実に対応することで、お互いの気持ちにきちんと区切りをつけることができるでしょう。

その3:自分の気持ちばかり伝える

別れを告げるときには、一方的に自分の気持ちだけを伝えて終わりにせず、相手の気持ちにもきちんと耳を傾けましょう。

円満に別れるためには彼氏にも気持ちを吐き出してもらい、お互いに心残りがないようにすることで、トラブル防止にもつながります。

納得できるまで長い話し合いになることも想定し、ゆっくり時間を取れるタイミングを見計らうことも大切です。

彼氏を刺激するような話し方や態度にならないよう気をつけながら、最後まで冷静に向き合ってください。

どれだけ話しても、別れたくない彼氏はあなたの気持ちを受け入れることが出来ずに、いつまでも同じ話を繰り返す可能性もあります。

彼氏のペースに対して理解を示し、納得してくれるまでとことん誠実に向き合いましょう。

もうこんな彼氏は必要ない!別れるには勇気がいるけど自信を持って前に進もう!【まとめ】

彼氏から必要とされていないと悩み、不安な日々を送っていたあなた。

はじめの頃と態度が変わってしまったのは「私のせいだ」と、自分を責めてしまうこともあったかもしれません。

しかし実は、彼氏のほうに原因があったり、もしかしたら別れのタイミングがきているのかも。

別れを切り出すということはとても勇気のいる行動です。

前向きに捉えれば新しい素敵な彼氏と出会えるチャンスが到来しているということでもあります。

あなたを苦しめる彼氏とは勇気をだしてお別れし、明るい未来への第一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です