社長 企業 卸売・小売 医療・福祉

【株式会社さくらほりきり】
堀切俊雄社長インタビュー

【株式会社さくらほりきり】<br>堀切俊雄社長インタビュー

堀切俊雄社長 略歴
創業者堀切彌太郎の長男として1972年台東区に生まれる。
他社で営業職を経て、1999年より株式会社さくらほりきりに入社。
営業や店舗、通販受注など様々な部署を経験し、2013年代表取締役社長に就任。

株式会社さくらほりきりの理念を教えてください。

「作るよろこび・贈る幸せ・つかう楽しさ」を通し、人々に“喜び”と“感動”を提供し、社会に貢献していく

理念やビジョンに込めた想いと具体的に取り組まれている事を教えてください。

創業したきっかけは、箱職人だった父が「自分で箱を作るのではなく、プロの技を使いつつ、誰でも簡単に作れるようにキットにしてあげることによって、『自分でもこんなに完成度の高い物が作れた』と“作るよろこび”を感じることが出来るのではないか。自分は不器用だから作れないと思っている人が多いが、作れるようにしてあげれば、きっと多くの人に喜びを提供していけるはずだ。」と考えたことでした。「職人にしかできないだろう」という職人意識からの発想の転換で、多くの人によろこびを提供しようと考えたのです。
この思いを貫いて、現在でも「誰でも完成出来るように作りやすく、ただし完成度も高くして人に褒められるような作品を作れるように」というコンセプトで商品開発をしています。

株式会社さくらほりきりの詳しい事業内容や強みを教えてください。

基本的に自社で開発した作り方のものをキットにし、通信販売をメインに全国のお客様へ販売しています。ただ、企業理念にもあるように、我々の提供しているものは「作るよろこび」であって、多くの方に「喜んでいただく」事を目的としていて、その手段として「誰でも作れて、完成度が高いキット」を開発・販売しています。
それを実現するために、徹底してお客様が作ることを楽しみ、きちんと完成をできるということにこだわっています。お客様への作り方サポートを始め、伺ったご意見を参考に、商品や説明書の改善・改良をします。手間のかかる事ですが、お客様が作れない商品を販売する訳にはいかないので、社員皆が「お客様が作れるか?」を意識して商品を開発できている事が、お客様から信頼をして頂けていることに繋がっていると思います。
当然、完成品ではないので、失敗してしまうと満足度は決して上がらないので、どうすれば失敗しないのか?常に考え続け、改善していきたいと考えています。

株式会社さくらほりきり イメージ

オリジナル手芸キットの魅力や活用事例を教えてください。

手作りは単に“上手く作れた”という喜びだけではなく、色々な付加価値があると考えています。一人で作るだけではなく、色々な人が集まって一緒に作るという事も更に楽しさが増えます。弊社のキットは作りやすいという事で皆さんが集まって作る講習会等でご利用いただくことも多くあります。地域の集まりを始め、近年はデイサービスなどの福祉施設や、子ども食堂などの世代間交流の場でも、誰もが一緒に作って楽しめるコミュニケーションツールとしてご利用いただいております。今後も超高齢社会になっていく中では、地域の繋がりをどう作っていくかが大きな課題となると思われるので、そういう場面でも貢献できるのではないかと思います。

株式会社さくらほりきり イメージ

株式会社さくらほりきり イメージ

株式会社さくらほりきりで働く仕事のやりがいについて教えてください。

やりがいについては、なんと言ってもお客様から寄せられる感謝の思いをつづられたハガキや手紙をいただくことでしょうか。我々は卸販売をせずに直販をしている事で、直接お客様に商品をお届けし、その感想を直に聞くことが出来ます。当然、全ての商品がヒットする訳ではありませんが、こういう商品を求められている方がいるだろうと考えて開発している商品も沢山あります。先ほども述べましたが、作りやすいことが評価され、高齢の方だけでなく介護が必要な方、障害を持たれた方なども当社のキットなら作れると評価いただき、ご利用いただいております。そういう方々こそ、自分で作れたという喜びは、更に大きく、さくらほりきりの商品を作るのが生きがいだと喜びのお便りをいただく事も多いので、社員一同、自分たちの商品で幸せを感じて頂けているお客様が沢山いると実感できることがやりがいに繋がっていると思います。

今後の目標やビジョンを教えてください。

人間は誰もが歳を取り、老いを感じていくと思います。今まで出来ていたことが出来なくなることが増えてくる。年を取るとだんだんと自信が無くなってしまう機会が多くなってしまうものだと思います。そんな中でも、我々のキットは自分で作れたという喜びや達成感と共に、人に褒められる喜び、プレゼントをして感謝される喜びを提供できると考えております。これが手作りの持つ付加価値であると同時に、これからの超高齢社会の様々な課題において必ず貢献できるものになっていくだろうと考えています。
世の中はデジタルの時代になっていくのは止めることは出来ませんが、だからこそ改めて自分の手で物を作るというアナログの持つ多くの付加価値を広め、これからの時代にも人々の生活に欠かせない「人と人を繋ぐコミュニケーションツール」として、「作るよろこび」という価値を広めていきたいと考えています。

株式会社さくらほりきり ロゴ

企業概要

企業名 : 株式会社さくらほりきり

代表者 : 堀切 俊雄

所在地 : 東京都台東区

設立  : 1986年7月

従業員数: 71名

事業内容: オリジナル手芸キットの企画・制作・販売

URL  : https://www.sakurahorikiri.co.jp/corp/

NEW POSTS

【株式会社K WAVE】<br>松本晃平社長インタビュー 社長,企業,情報通信

【株式会社K WAVE】
松本晃平社長インタビュー

【株式会社ハナミラ】<br>松下りせ社長インタビュー 社長,企業,金融・保険,複合サービス

【株式会社ハナミラ】
松下りせ社長インタビュー

【ホームコンサルティングソリューションズ株式会社】<br>小林大祐社長インタビュー 社長,企業,金融・保険,不動産・物品賃貸,教育・学習支援

【ホームコンサルティングソリューションズ株式会社】
小...

【株式会社ガーディアン】<br>青山裕一社長インタビュー 社長,企業,情報通信,学術研究・専門技術サービス

【株式会社ガーディアン】
青山裕一社長インタビュー

【株式会社トラーチ】<br>稲場基泰社長インタビュー 社長,企業,電気・ガス・熱供給・水道,卸売・小売

【株式会社トラーチ】
稲場基泰社長インタビュー

【株式会社MIYOSHI】<br>佐藤英吉社長インタビュー 社長,企業,製造,情報通信,複合サービス

【株式会社MIYOSHI】
佐藤英吉社長インタビュー

CATEGORY