社長 企業 情報通信 学術研究・専門技術サービス

【株式会社ガーディアン】
青山裕一社長インタビュー

【株式会社ガーディアン】<br>青山裕一社長インタビュー

青山裕一社長の学生時代や前職でのご経験・ご経歴を教えてください。

新卒で入社したのは大手電子部品メーカーでした。
当時はバブル崩壊直後、最初の就活氷河期でしたが、それでもこの国の未来経済を背負って立つのは、自動車かエレクトロニクスだと考えました。また電子部品だと大手セットメーカーを相手にできる仕事がかっこいいと思って、電子部品メーカーに決めました。特定の分野で、さらに世界レベルの会社だけを6社受けて、6社とも受かり、一番早くのし上がるため、その中でも一番小さな会社に入りました。

その結果、新卒2年目の時点で、ヨーロッパとアジアで仕事をする機会に恵まれ、その中で海外では自分の生まれた故郷や街を語れることで認められることを知り、ますます自分の故郷に思いを馳せるようになりました。

その後ヘッドハンティングされ、大手保険会社に入社し、そこでは日本全国を駆け巡り、運よく数々の賞を受賞することもできました。

大手保険会社での仕事でも目処が立った頃、当時は新聞を見たら、ネット、ネットしていた2000年です。ITの時代が来ると感じていたので、IT業界に転身し、今年(2023年)で業界23年目を迎えます。

青山裕一社長が人生を歩む上で特に大切にしていることを教えてください。

高校の校長先生から教わった『社会の雑巾たれ』という言葉です。
愛する家族のためだったら、自分がどんなに苦労しようとも家族を幸せにしようとします。それが親友、友達、社会に広がればみんなをHappyにすることができる、これが故に「社会の雑巾たれ」です。自分を汚して、周りを綺麗にする雑巾のように、しかしボロ雑巾にならないために自分を鍛えないといけないという思いでいます。自分を鍛え、強くするために自己を尊重し、綺麗にするところを見誤らないために真理を探究し、生かしてもらっているという思いのもと、社会に献身することを教わり、今も大事にしています。

企業名「株式会社ガーディアン」と企業ロゴに込めた想いを教えてください。

高校時代にたくさんの恩を受けた母校の校長先生へご恩返しをしようと決意し、校長先生を訪ねた時「受けた恩は次の世代に与えていくもの」という教えをいただき、恩を「想い」へ進化させ、次の世代へ紡いでいく為、そんな僕に関わってださる方々、仲間、お客様…みんなを守りたいとの想いから、「守る者」「守護神」の意味で「ガーディアン」と名付けました。またロゴには雌雄のライオンに盾を描き、守るだけではなく、女性に幸あれの想いを込めて、雌のライオンの尾に四葉のクローバーを添えています。

理念やビジョンに込めた想いと具体的に取り組まれている事を教えてください。

ガーディアンの理念は「僕らなりの地方創生」を目指し、「勝て!日本中小企業!」をビジョンに、日本全国の中小企業へWEBの恩恵を届けることです。

日本の人口はピークを過ぎ、未曾有の人口減という現実にさらされています。日本は地盤沈下のごとく地方から衰退していってしまう未来が容易に想像できてしまいます。僕らで地方のためにやれることを見出し続け、役に立てることをやり続けたい、こういった想いで「僕らなりの地方創生」を目指しております。

具体的には、これまで我々は地方に目を向け、足を運び、日本全国の中小企業を顧客としてきました。また地方の中小企業にWEB、IT、DXの恩恵を届け、自立・自走していただき、企業を元気にして、WEB/DX人材の新たな雇用市場を創造し、女性が安定して活躍できる仕事環境を作り上げ、地方経済の活性化から地方創生を成し遂げることに向けて、取り組んでいます。

株式会社ガーディアンの詳しい事業内容や強みを教えてください。

ホームページ育成支援を目的とした、サブスク型ホームページサービス「SCSC(スクスク)」です。作って終わっているホームページが後を絶たないWEB事情に問題提起すべく、ホームページ制作にお金を掛けるのではなく、成果を上げる為にホームページを「育てる」ことにお金をかけてもらおうとするサービスです。

弊社の強みは、54,000サイトを超えるサイト運用実績ではなく、54,000サイトの動向をデータで持ち続けている点にあります。圧倒的サイト運用の業界業種は多岐にわたり、WEBサイトのあらゆる動きをデータで持ち続け、これらのBIGDATAをお客様のホームページを勝たせる為にいつでも活用できます。

SCSC(スクスク)

株式会社ガーディアンのサービスの独自性や差別化について教えてください。

我々のサービスの独自性や差別化は、米国IBMが称号を与え、Google、日本IBMも推し続けてくれたホームページ制作&運用ツールの「OWLet(アウレット)」です。
WEB制作のプロには超速生産を、お客様であるWEB素人には簡易性と利便性をしてWEB戦略の実践を提供します。この対局にある二つを同時に成すために、存在しています。

OWLet(アウレット)

どのような方に株式会社ガーディアンのサービスを届けたいですか?

日本全国の中小企業(従業員10~299人)様に弊社のサービスをお届けしたいです。
地方経済の5年後、10年後の未来を見据えれば、すべての中小企業は、【WEB→IT→DX化】を推進しなければなりません。株式会社ガーディアンでは、「DX化の第一歩はホームページから」という考え方を提唱しています。世界規模で注目を集めているAI活用をはじめ、WEBノウハウをすべての中小企業様の資産にしていただきます。そのため、弊社の持つWEBノウハウを惜しげもなく提供し続け、コミュニケーションを軸に綿密で長くお付き合いができ、いつでもご相談いただける環境をお約束した初期費用ゼロのサブスク型ホームページサービス「SCSC(スクスク)」を全国規模で展開しています。

この記事を読んでいる方にメッセージをお願いします。

経営者の皆様におかれましては、経営・事業推進の観点で「WEBの可能性」を否定される方はいらっしゃらないと思います。経済産業省や中小企業庁もデータを発表していますが、中小企業がホームページを持つだけで、その企業の売上は1.4倍にも跳ね上がります。直接的、間接的を問わず、WEBは企業の業績に影響を与えるツールであることは否定の余地はありません。しかるに中小企業の企業ホームページは9割以上が失敗しています。【現状把握→課題抽出→問題解決策→意思決定→行動→問題解決】すべての経営者が普段仕事の中で実践されていることだと思いますが、ホームページをはじめとするWEB戦略においても同じことが言えます。5年後、10年後の未来において【WEB→IT→DX化】は至上命題となるはずです。未来を見据え、僕らと共に【WEB→IT→DX化】へのシフト経営を歩みだしましょう。

株式会社ガーディアン ロゴ

企業概要

企業名 : 株式会社ガーディアン

代表者 : 青山 裕一

所在地 : 東京都中央区

設立  : 2011年2月

事業内容
・CMS(コンテンツ管理システム)及び関連ソリューションの開発
・PaaS 型 WEB アプリケーション構築環境『OWLet』ライセンス提供
・サブスク型ホームページサービス『SCSC(スクスク)』
・WEB サイト制作・運用支援
・WEB サイト診断及び広告・運用コンサルティング
・販売代理店の営業及び制作活動支援
・事業推進コンサルティング
・オンライン教育事業『WEB 人材創生スクール』
・受託 WEB システム開発

URL  : https://guardian.jpn.com/

NEW POSTS

【株式会社K WAVE】<br>松本晃平社長インタビュー 社長,企業,情報通信

【株式会社K WAVE】
松本晃平社長インタビュー

【株式会社ハナミラ】<br>松下りせ社長インタビュー 社長,企業,金融・保険,複合サービス

【株式会社ハナミラ】
松下りせ社長インタビュー

【ホームコンサルティングソリューションズ株式会社】<br>小林大祐社長インタビュー 社長,企業,金融・保険,不動産・物品賃貸,教育・学習支援

【ホームコンサルティングソリューションズ株式会社】
小...

【株式会社トラーチ】<br>稲場基泰社長インタビュー 社長,企業,電気・ガス・熱供給・水道,卸売・小売

【株式会社トラーチ】
稲場基泰社長インタビュー

【株式会社MIYOSHI】<br>佐藤英吉社長インタビュー 社長,企業,製造,情報通信,複合サービス

【株式会社MIYOSHI】
佐藤英吉社長インタビュー

【株式会社MamaWell】<br>関まりか社長インタビュー 社長,企業,学術研究・専門技術サービス,生活関連サービス・娯楽,医療・福祉

【株式会社MamaWell】
関まりか社長インタビュー

CATEGORY